Home > Archives > 2018-08

2018-08

ワイン・コラム 第194回 ローヌ地方の話 アラン・ヴォージュ編

フランス南東部に、ワイン産地ローヌRhône地方があります。ローヌ地方は大きく北部と南部に分かれています。

ワイン産地区分で見ると北ローヌと南ローヌを合わせてひとつのローヌ地方になりますが、行政区分で見るとヴァランスValenceがあるドロームDrôme県(Tain-l’Hermitageを含む)はローヌ・アルプRhône-Alpes地方、アヴィニョンAvignonがあるヴォクリューズVaucluse県(Châteauneuf-du-Papeを含む)はプロヴァンスProvence地方に入ります。

世界中で広く栽培され、上質なワインになり得る黒ぶどう品種シラーLa Syrahはローヌ地方が原産とされ、コート・ローティCôte-RôtieやエルミタージュHermitage ( Ermitageとも綴られます。 )などの素晴らしいワインを生み出しています。

今回ご紹介するアラン・ヴォ―ジュAlain Vogeは、シラー100%でワインを造ることが義務付けられているアペラシオンコルナスCornasを産するコルナス村に居を構え、赤ワインだけでは無くマルサンヌLa Marsanneというこちらもローヌ地方が原産とされる白ぶどう品種から上質な白ワインも造っています。

私がアラン・ヴォ―ジュを訪問したのは2015年の9月後半、収穫真っ只中の大変忙しい時期でした。このタイミングで訪問を受け入れてくださいましたこと、感謝しております。
DSC02023
アラン・ヴォ―ジュは約12haの畑を所有しています。
コルナスに約7ha
サン・ペレイSaint-Pérayに約4ha
サン・ジョセフSaint-Josephに約1ha

扱っている品種は2つ。黒ぶどうのシラーと白ぶどうのマルサンヌ。

2015年は9月初旬にスパークリング・ワイン(サン・ペレイ)用のぶどうの収穫を始め、9月22日に収穫が終了したようです。良い年と喜んでいらっしゃいましたが、2015は本当に素晴らしいヴィンテージですね!

アルコール発酵はステンレス・タンクで行い、複数のキュヴェは熟成を樽(大きさは様々ですが主に225lのバリック。新樽比率は20~50%)で行います。

以下のキュヴェをテイスティングさせて頂きました。
Saint-Péray Harmonie 2014
Saint-Péray Terres Boisées 2013
Saint-Péray Fleur de Crussol 2013
これら3つは全てマルサンヌ100%。後半に行くにつれ上級キュヴェとなっています。例年より2013年は収穫量が4割ほど少なかったようですが、その分凝縮された果汁が得られたのでしょう、ワインは複雑な香りを持ち、豊か(グラ)で余韻が長く続きました。特にサン・ペレイにあるお城の名前が付けられた、トップ・キュヴェであるフルール・ド・クリュソルは圧巻!世の中にあるマルサンヌのワインの中の頂点のひとつだと思います。

Saint-Joseph 赤 Les Vinsonnes 2013
Cornas Les Chailles 2013
Cornas Les Vieilles Vignes 2013
いかにも北ローヌのシラーらしい、黒胡椒の香り(ロタンドン)が立っています。サン・ジョセフは酸がしっかりとした味わいでタンニンが丸い。コルナスは力強く特にスパイシーで、上級キュヴェのレ・ヴィエイユ・ヴィーニュはスケールの大きなワインです。他に、試飲には供されませんでしたがトップ・キュヴェであるCornas Les Vieilles Fontainesがあります。

最後にスパークリング・ワイン
Saint-Péray Les Bulles d’Alain 2011
サン・ペレイは白だけのアペラシオンですが、スティルとスパークリングの生産が認められています。このキュヴェはドザージュ2g/lという極辛口。しかしぶどうの成熟度が高いためか甘やかな雰囲気がありました。
DSC02026
大変お忙しい中の訪問でしたが実に親切に対応してくださり、北ローヌ南部の理解を深めるとても貴重な勉強をさせて頂きました。ワインはどれも素晴らしかったです!

サン・ジョセフやコルナス、サン・ペレイ。あまり口にする機会が多く無いワインかもしれませんが、心を打つワインがあります。是非試してみてはいかがでしょうか?

Clos Yは9月9日のレストラン講座でアラン・ヴォ―ジュのサン・ペレイのトップ・キュヴェ、フルール・ド・クリュソル2011を入れた構成をご用意しております。素晴らしいワインですので、味わいにいらしてはいかがでしょうか?

講座へのお申し込み、ご質問等はこちらのアドレスにご連絡ください。
vinclosy@aol.com

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ワイン テイスティング講座 受講申し込みを受け付けております。

ワインの「テイスティング 」。

それはただワインを味わうだけでなく、ワインの色調や香り、味わいを分析し、どのようなワイン(原産地、品種、醸造・熟成方法等)であるか分析し、コメントすることです。

正確に細かくワインの要素を捉えることができれば、そのワインがどこで、いつ、どのように造られたものかどうか言及することも可能になっていきます。

この講座では、ワインの色調(どのような色か、またなぜそのような色調を呈しているのか)、香り(どのような香りが放たれているか、またそれぞれの香りが持つ意味)、味わい(そのような味わいの構成をしているか、またなぜそのような味わいになっているのか)を細かく捉えられるようになることを目的としております。

目標は高いところにありますが、経験の少ない方でもご参加いただけますよう、丁寧に解説していきます。

20歳以上でしたらどなたでもご参加いただけます。

日時 全3回
9月30日
10月14日
11月11日
いずれも日曜日14時から16時くらいまで

会場
高田馬場 ワイン・バー シロッコ

受講料
いずれかの回に単発でご受講の場合 6,800円
全3回ご受講の場合 15,000円
いずれも税込です。

テイスティングする銘柄は事前に公表せず、ブラインドで行います(5~6種類)。

定員
最大7名 

お申し込みはこちらのアドレスにメールにてお願いいたします。
vinclosy@aol.com

ご参加お待ちしております!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2018-08

サイト内検索
Feeds
Meta

Return to page top